あじな動物病院 行動科

セミナーの目的・趣旨と、セミナーから学んでいただけること

行動科では毎年たくさんのセミナーを開催しておりますが、行動科がなぜセミナーを開催するのか、セミナーを受講したらどんな良いことがあるのかというご質問を頂くことがあるので、お答えしたいと思います。

まずセミナーは、行動科代表のかおり先生が「是非、これを皆さんに聞いてほしい」と思う内容を考えていますが、そのこと以上に重要だと考えるのは、
「どういう内容だったら、皆さんのお悩みを解決できるのか」「お役に立てるものは何だろうか」ということを最優先にして考えるようにしています。
あじなのセミナーは動物行動学に基づいて、皆さんのお悩みを解決するためにあります。
そして犬の飼い主様の「お悩みの大元を断つ」ためにあります。

このお悩みの大元とは。
日本にはこのお悩みの大元が二つあり、
一つは「飼い主は犬より上に立たなきゃいけない」というあの誤解。
もう一つは「ダメなことをダメ!と言って分からせなきゃいけない!どう叱って、どう怒れば良いんだろう」というあの意味のない悩み。

この二つの大元を断たない限り、皆さんのお悩みは解決しません。
その大元を断つために必要なことは、科学的な知識です。
「知識と言われても何をやったら良いのか分からないし難しい」という方のために、楽しく、分かりやすく、必要なものを厳選して皆さんにお届けするのが行動科のセミナーです。

それからもう一点。
なぜあじながセミナーを大切にしているのかというと。
それは「日本」で犬を飼うというところにお悩みの理由があるからです。
日本という国は、実は犬を飼いにくくする条件が揃っているということをご存じでしょうか。

なぜ日本では飼いにくいのかということを、セミナーでお届けしていきます。
そしてそれを理解することで、飼い主様がご自身を、そしてご自身の大事な一頭を「なんでできないの?」と責めなくても良くなります。

どうして日本で犬が飼いにくいのかを理解すると、これから人も犬もお互いに楽しく、もっともっと幸せに暮らしていくためには、何を犬に教えないといけないのかが見えてきます。
犬への教育です。
ご自身を責めず、楽しく知識を増やしながら、犬にしてあげる教育について学んでいこうというのが、セミナーの趣旨となっています。